2020ハロウィンキャンペーン開催中!全品1000円OFF!

最先端の技術!WMドールの特徴についてまとめてみた

従来からあったいわゆるダッチワイフと比較して、Love Dollは本物の女性の感じに似せた仕上がりになっているとして人気です。その大人の人形の中でもさらにリアリティを高めたWMラブドールが出てきています。具体的にどのような特徴があるのか、以下で詳しく見ていきます。

そもそもWMラブドールとは

ラブドール業界の中でも世界で最大規模を誇るメーカーがWMです。従業員が200人程度います。人材を集めることで、業界の中でも最先端の技術を生かしてリアリティを追求しています。WMラブドールの特徴として、TPEと呼ばれる素材を使っている点が大きいです。この素材を使ったのは、WMが初めてのことです。従来のものと比較して、人間の肌の感じにより近づきました。このため、本当に女性を抱いているかのような感覚を手軽に自宅で楽しめるわけです。

TPEとはどのような素材?

TPEを使っているといっても、そもそもそのもの自体がよくわからないという方もいるでしょう。TPEとは日本語にすると「熱可塑性エラストマー」です。エラストマーとはErastic(弾性のある)とPolymer(重合体)という2つの英単語を組み合わせた造語です。いわゆるゴムの一種ですが、通常は硫黄や熱を加えることで初めて弾性が生まれます。ところがTPEの場合、常温でも弾性のある状態を維持できるのが特色です。自動車部品や電気製品、家具など幅広い製品に使われている素材でもあります。この優れた弾力によって、人間のモチモチの肌の感触を再現することに成功しました。

無毒無害な安心感

ラブドールを購入する目的として、性的な楽しみ方を考えている人は多いでしょう。実際に肌を重ねる、自分の大事なモノを挿入するとなると人体に影響がないのか不安な方もいるでしょう。もともとラブドールは人体に影響のない素材を使っているので、きちんとしたところで購入すればまず問題はないです。さらにその中でもWMラブドールは無毒無害で極めて高い安全性を担保されています。環境にも優しいのでエコ志向が強まっている現代のニーズにもマッチしています。

医療機関でも使われている素材

TPEは医療業界でも普段から使われている素材です。例えば歯科用の溶剤を入れる容器があるのですがその中栓などに使われています。医療の世界は何よりも人体に対する安全性が何よりも重視されます。このため、使う製品の安全基準はほかの世界よりも厳しいです。その基準を満たしているのですから、いかに安全かがうかがえます。ほかにも食品関係の容器の中栓にもこちらの素材が使われています。食料品も私たちの口に入るものですから、安全性にはうるさいです。このように見てもTPEは極めて安心安全な素材であることがお分かりでしょう。

人間の動作に忠実

WMラブドールの魅力として、関節があって人間のさまざまな動きに対応している点にも注目です。人間の動作のうち、85%以上を再現できるといわれています。このため、いろいろな格好をさせられ、より本物の彼女のように接することが可能です。

さまざまな体位にもチャレンジできる

セックスする際に一つの体位だけでは、長く使っていると飽きてしまうでしょう。しかしWMラブドールの場合、いろいろな格好に変化できるのでさまざまな体位で楽しめるところも魅力です。毎日変化してセックスが楽しめるのでバリエーションも増え、長く使い続けても飽きることはないです。

まとめ

ラブドールを購入するにあたって、やっぱり生身の女性のような現実感のあるものがいいと思う人も多いでしょう。そのような欲望を満たしてくれるのが、最先端技術を生かしたWMラブドールです。人間の肌に限りなく近い感触が味わえますし、人体に無害なので気軽に購入できるでしょう。