2024年6月キャンペーン

セックスドールの開封及び構造を説明いたします。

昔はラブドールのことをダッチワイフと言います。ドイツ人が自分のフェチを満足するために作ったドールです。その時はただ性欲を満たすだけです。今はラブドールがほとんどアダルトグッズとしてセックス用ですが、他にもモデル、等身フィギア、精神的の妻、娘などのキャラーとして使われています。まず、ラブドールの開封から説明いたします。

ドールパッケージの開封

第一歩:広い場所に置いて例えば、パッケージをリビングに丁寧に移動する

ほとんどの人は、最初に届いた時、パッケージの重量にきっと驚きましょう。とても重い大人等身のリアル人形の重量は通常20kg~40kgまでです。 車が持ってない方はパッケージを自宅まで届いたほうがいいです。ラブドールが横になる必要があるため、広いリビングでセックス人形のパッケージを開封したほうがいいです。

第二歩:ナイフを使って、パッケージの縫い目に沿ってボックスを開く

縫い目に沿ってパッケージを開けます。 パッケージを開けるには、リビングに置き、ナイフなどのアイテムを使用して、ボックスの上端に沿ってテープを切ります。 ナイフを使用するときは、深く切らないでラブドールに傷つかないように注意してください。縫い目に沿ってテープをカットすると、ボックスが開きます。

第三歩:ラブドール部品は別々に置いてあります。

まず、ラブドールの頭は太ももにあります。 顔が傷つかないため、クッション満たすのボックスに置いています。 それから、ヘッドをカバーするクッションを取ってからヘッドを被るビニー袋を外します。他の身体はすべてクッションにカバーしてますので、全部取ってください。

第四歩:クッションのゴミを整理して手を洗う

ラブドールに手を出す前は手の清潔を確認ください。色移りを避けるためです。手を洗ってからセックスドールをソファーやベッドに移動したほうがいいです。

第五歩:他のサービス物を確認する

通常の場合は、ウィッグ1点、洗浄道具1点、USBウォーマー1点、服1点、綿手1点、くし1点、毛布1点まで七つありますのでご注意ください。これは全部使えますので、慎重に保存してください。専門の箱に置いたほうがいいです。

第六歩:頭を体に取り付けてカツラを被る前にお風呂!

ラブドールが届く前、きっとワクワクするでしょう。その時、ドールを開封してすぐ取り付けます。オーダーメイドなので、開封したばかりのラブドールは別々に一度お風呂に入って綺麗に洗ったほうがいいです。もし、最初は取り付けると、その後、またイチイチ取り外すことも面倒ですね。

ラブドールの構造

今のラブドールはほとんどオーダーメイドなので、それぞれの部分はすべて選択できます。これから、頭、上半身、下半身三つの部分に分けて説明いたします。

頭の部分

まず、カツラ、あるいはヘアスタイルはパーマ、ショートヘア、金髪や銀髪などが選択できます。下に行くと、瞳色もブラック、ブルー、ブラウンなどが選びます。また、目玉は移動可能と固定式に分けています。移動可能は目つきがありまして、生き生きしています。固定式はちょっと縫いぐるみな感じがします。それから、口の部分、今のところ、通常用のフェラはもちろん、歯と舌が作れる会社はすでに存在しています。

上半身の部分

上半身は通常の貧乳、良乳、爆乳に分けています。また、手の部分はさらに進化して以前と違って指の所も骨格を入れました。ラブドールの動きが豊になりました。ものを掴んだり、握ったりすることができました。そして、指のネイルは様々な色を選びます。乳首の色も選択できます。

下半身の部分

下半身はまず、マンコの所は一体式と着脱式に分けています。一体式は女の実物に見えますが、洗浄はちょっと面倒くさいです。着脱式のほうは逆です。また、陰毛も付けます。その量も選べます。下に行くと、足のネイルは指ネイルと同じ選択可能です。それに、アナルも挿入可能となります。

ブランド正規代理店

信頼ある有名ブランドの正規品ラブドールのみを販売しています