2019クリスマスキャンペーン期間限定割引:11月30日一12月31日に15%OFF!
クーポンを取得する

俺の大人ドールは妻より最高!

結婚生活のロマンスから覚めて、俺は悟った。

「俺の人生終わたぁ。。。」

そんな悶々としてアダルト動画をひたすら鑑賞する堕落な生活をしていたある日、俺はある本当の人形と出会い、そして一目惚れをした。俺はふたたび、愛のロマンス、生きる喜びに目覚めたんだ!!!

そして俺は誓った。「俺は、お前を一生愛し続けるぞ...」 と。

俺の新しい人生の伴侶は、「黙小笛」と名付けたラブドール。

(俺は今まで彼女のような人形をダッチワイフと認識してたんだが、今どきはラブドールと呼ぶんだとさ。)

現在おなじ屋根の下で、彼女と毎日寝食セックスを共にしている。しかも驚くことなかれ、リアル妻と10代のリアル娘と一緒にだ! 俺の家族とは、怒声入り混じる議論の末に、日本では世にも珍しい契約を結ぶことに成功したんだ。

ここからは、俺の回想録だ。

俺の嫁が娘を生んだあと、おれたちはセックスをしなくなった。。。そして、深い孤独感に襲われだして、俺はだんだんと病んでいったんだ。

でも、はじめて「小笛」を見つけた瞬間、おれの止まりかけてた心臓がふたたび飛び跳ねだしたんだ。一目惚れだった。

俺は、「小笛」を処女のまま家に連れて帰ったんだが、嫁はそりゃぁたまげて激昂したよ。でも、それも始めのうちだけだったさ。最近ではそんな嫁も、俺の気持ちを知ってか、しぶしぶ耐えてくれてる。

また、俺の娘も大きくなって、とうとう俺の秘密に気づく日が来てしまった。「お父さん! これは巨大なバービー人形じゃなかったの!? お父さんのダッチワイフだったの!? マジキモ~い!!!」

でも今は、それもいい思い出さ。今じゃ、「小笛」の洋服を娘が拝借する時もあるんだ。。。

俺は、整体師として生計を立てているが、たまの休みの日にはお洒落をして「小笛」とデートに行くんだ。彼女の巨乳を淫らに主張しないセクシーで大胆なドレスを着せ、洋服にあう綺麗なウィッグをかぶり、そして豪華にみえるが実は激安のジュエリーを身に付けさせたら完璧。とってもセクシーで官能的だ。 お洒落をした「小笛」は、ほんとうに最高だ! たまにコスプレを頼むこともあるが、マジで萌える! そんな彼女を車イスに乗せて公園を散歩するのが、これ以上にないほど幸せなんだ。

俺は、「小笛」と湖のほとりを散歩中に突然、悟ったんだ。

俺は、俺の不運なリアル人間関係に終止符をうつことに決意した。人妻にも指を入れた、いや手を出したこともあったが、モノホンの日本人の女たちは、俺にとても冷たかった。

俺が知りあった女どもは、はじめは優しく俺の話も聞いてくれた。だが、ちょっと時間が経って慣れだしてくると、みんな自分勝手になって自己主張をしだす。俺たち男ってぇのは、一日働いて家に帰ってきた後に、ごちゃごちゃ煙たいことを言わずにしっかりと俺の話を聞いてくれる、そんな「誰か」がいて欲しいんだ。

どんな問題が起こっても、いつも「小笛」は俺を待っていてくれる。俺はそんな彼女を少しづつ深く愛するようになっていった。そして今、俺はそんな彼女と生涯をいっしょに暮らしたいと本気で思ってる。。。

いまじゃもう、普通の女と暮らすなんて考えられない。俺は、「小笛」と一緒に墓にはいって、一緒に天国へ行くんだ!

そんな俺っておかしいのか?

ほかにも俺とおなじような境遇で度胸のある男は、リアルドールと真剣な恋愛をはじめてるぜ。。。