9月のキャンペーン開催中!全品5%OFF!(特価商品は除外)
クーポンを取得する

ラブドール 洗浄とメンテナンス

ラブドールの洗浄

ラブドールを常に清潔を保つことは、ドールの寿命を伸ばすキーポイントです。以下のガイドによって、普段のメンテナンス手順を教えていただきたいと思います

あなたのラブドールをメンテナンスするために必要なもの:
・くし(付属)
・硫酸塩を含まない石鹸または中性液体石鹸
・水
・膣洗浄器(付属)
・柔らかい布(マイクロファイバーが理想)またはスポンジ
・乾いた柔らかいタオルかセーム布。
・パウダー(コーンスターチ/小麦粉またはベビーパウダー)
・パウダーブラシ
・ミネラルベビーオイル
・ワセリン

どのくらいの頻度でラブドールを洗浄すべきですか?

最初は工場の残留物を取り除くため、使用する前に、ラブドールを洗浄してください。

ほこり付きやすいところで保管されているドールは、毎月1度洗う必要があります。

性的使用したたびにラブドールを洗浄することをお勧めします。

一般的なメンテナンス(使用方法によって異なります)。

TPE人形は、最大3〜4回/年の油を塗ることをお勧めします。オイルを塗りすぎないように注意しましょう。必要に応じて、非常に少量のワセリン/ワセリンゼリーを、膝、鼠蹊部、オマンコ付近などの摩耗の多い部位に塗布しましょう。

長期間使用しない保存する前に、パウダーをドールに塗ってください。

専門家からアドバイスする洗浄をもっと楽にする5つの提案

1.セックス中にコンドームを使用しましょう
2.脱着式膣のラブドールはもっと洗いやすいです
3.一体型膣のラブドールは、膣洗浄したあと扇風機を使う、またはタンポンを入れて水分乾燥を早めることがお勧めです。
4.パウダーやオイルを使用するときは、ラブドールを吊るすか、横にするのが作業しやすいです
5.部分的洗浄は、スプレーボトルに石鹸を水に1:5の割合で混ぜて、汚れにスプレーして乾いたタオルで拭きましょう。

ラブドールを洗浄する手順

・まず、柔らかいタオルで余分な潤滑剤や体液を取り除きます。
・脱着型膣の場合は、オナホールを取り外します。
・かつらを取り外し、あとで個別ケアします。
・オナホールは、洗面器に温かい石鹸水を入れて浸け洗って、完全乾燥しましょう
・一体式膣ドールの場合、ラブドールをベッドの上に置き、下にバスタオルを敷きましょう。石鹸水(できれば硫酸塩を含まない)を全身にスプレーして、手でラブドールの皮膚をやさしくマッサージするか、清潔なスポンジで拭き取ります。

ラブドールをタオルの上に置いてスプレーしてから拭くのが最も便利ですが、ドールの重さの取り扱いに自信があり、水遊びを楽しみたい場合は、以下の方法を参考してください。

・ラブドールにシャワーを浴びわせる時は、金属部分をできるだけ濡らさないようにしてください。金属部品がカビになることを防ぐためです。金属部品をビニール袋で覆ったり、足(金属製のボルトを使用)を浴槽の外に置いたりすることにしましょう。
・ぬれたラブドールは滑りやすいです。シャワーする時にバスチェアを使用する方が安全です。
・角質除去の石鹸やその他一般的な洗剤を使用しないでください。
・硬いスポンジやワイヤーブラシは使用しないでください。破損の原因になります。
・ラブドールをバスタオルを敷いたベッドに寝かせて乾かすのが最も簡単です。
・ヒント:脚を広げ、扇風機を使用して乾燥を早めるのがお勧めです。
・ラブドールを直火やストーブの近くに置いて乾燥しないでください。

膣/肛門/口はどのように洗浄しますか?

・膣をきれいにするには、シャワーホースを使って水を中に入れて、穴から水が流れ出るようにすすぎます。
・濡れた(柔らかい)布を使用して、ぬるい石鹸水で中の隅々まできれいに拭いてください。
・手や小さなスポンジを使って、ラブドールを入浴中に膣の中の洗浄もできます。(上記の手入れ方法を参照)
・ドールの脚を少し開いて、膣と肛門を露出し、自然に乾かしましょう。時間を経つとともに損傷する可能性があるため、脚を開きすぎないように注意してください。
・ラブドールが完全に乾いたら、穴の中に少量のワセリンを塗ります。
・スクラブ石鹸やその他の刺激的な化学洗浄剤は使用しないでください。

ラブドールの顔をどう洗えばですか?

・体から頭を外します
・可能であれば、かつらを取り外します。
・温かい抗菌石鹸水をスポンジまたは綿の布で、顔を優しくマッサージします。
・注:メイクアップは半永久で、ミネラルオイルで色褪せるか完全に落ちる可能性があるため、過度の洗浄やこすりを避けるようにお願いします。
・目やまつげを濡らさないように注意しましょう。
・洗浄する前に目を外したい場合は、まつげを傷つけないように注意しながら、下まぶたをゆっくり下にのばして取り外します。
・乾いた柔らかい雑巾で顔をやさしくなでて、体に再装着する前に自然乾燥させます。

絶対にしないでほしいこと

・ラブドールの頭を水につけないでください。
・スクラブ石鹸やその他の刺激的な化学洗浄剤は使用しないでください。
・粗い素材や硬い/鋭い物を使用しないでください。
・皮膚や骨格に強い力をかけないでください。
・ラブドールにヘアドライヤーやその他の加熱装置を使用しないでください。
・ストーブや火、その他の加熱装置の近くに置いて乾燥を速めようとしないでください。
・アルコールが含まれているため、香水は使用しないでください。(ウィッグ/服に香水をスプレーしてください)
・赤ちゃん用のウェットティッシュなどは使用しないでください。 (成分はTPE素材を損傷します)
・修理の指示がない限り、いかなる種類の溶剤も使用しないでください。
・シリコンベースの潤滑剤/製品は使用しないでください。
・ラブドール に着させる服は色落ちする可能性があります。特に暗い色の服は、水が綺麗になるまで何度も洗ってから、ドールに着させてください。
・その他の禁止事項については、以下の保管/取り扱いをご覧ください。
・ヒント:香りを増やしたい場合、シナモンパウダーを使ってもいいです。

ラブドールの乾燥

ラブドールが完全に乾くことは、カビの発生を防ぎ、寿命を伸ばす大事なことです。

・清潔な柔らかいタオルで軽く押して、皮膚を風乾させます。
・摩擦による損傷を防ぐため、乾いたらラブドールの体に少量のパウダーを塗布しましょう。乾燥しすぎないように、パウダーを取りすぎないでください。また頻繁にパウダーを塗る必要はありません。
・メンテナンスや潤滑剤などとして、穴の中にワセリンを塗布することを推奨しています。

かつらの手入れ

・かつらは、常に洗浄する前に取り外してください。
・最初に毛先からブラッシングしましょう
・髪が長い場合は、洗面器で洗うのが便利です。
・シンクに水を入れて、100円玉の大きさのシャンプーを出し、かつら用の「ミニバブルバス」を作成します。硫酸塩フリーのシャンプーがお勧めです。
・必ず冷水を使いましょう。熱でパーマなどのスタイルを失う恐れがあります。
・かつらをゆっくりすすぎ、約5分間浸け置きします。
・シンクを排水し,泡を上からやさしく洗い流します。
・ウィッグをウィッグスタンドで自然乾燥させてから、すぐにブラッシングしましょう。
・かつらをラブドールの頭の上で乾かないようにしてください。
・スタイリング剤を使用してヘアをスタイリングしないでください。ラブドールの肌や顔にダメージを与える可能性があります。

ラブドールの取り扱い、移動、保管

・ラブドールを直射日光の当たらない場所に保管しでください。損傷や変色を引き起こす可能性があります。
・ラブドールは常温で、乾燥した環境で保管してください。浴室/ガレージまたは湿気のひどいところは、カビが発生しやすいのでお避けください。
・ラブドールを革のソファなどの人工素材や染色した素材の上に置いたり、暗い色の服を長時間着させたりしないでください。
・ラブドールを裸火に近づけないでください。
・ラブドールを難しいポーズで長時間置いたままにしないでください。使用後に自然な位置に戻らないと、皮膚が引き伸ばされて損傷したり、裂けたりすることがあります。
・ラブドールの収納ボックスまたは元のパッケージボックスに横にしてラブドールを保管しましょう。立って保存する場合、壁側に枕などの支えが必要です。
・ラブドールを扱うとき、重いものを運ぶときと同じです。腰を痛めないように、背中をまっすぐにして、膝を曲げて持ち上げましょう。
・立ちポーズのラブドールが最も運びやすいです。ラブドールの腰を抱きしめ、「ベアハグ」ポーズで持ち上げるのをお勧めします。
・手足や頭を掴んでラブドールを持ち上げないでください。
・「背筋」にストレスがかかるため、肩越しに投げないでください。

爪を交換するには?

・ラブドールをまっすぐ座らせて準備しましょう。
・抜けた(緩めた)爪を指に合わせて、爪の位置を確認します。
・爪の位置が確認できたら、指の爪の部分に薄く均一に接着剤を塗ります。汚れやホコリがないよう注意してください。接着剤を塗りすぎないでください。外側にはみ出して汚れつきやすくなります。
・爪を正しく合わせたら、慎重に貼り付けて、5秒間押し続けます。
・接着剤がはみ出した場合は、マイクロファイバーの雑巾と暖かい石鹸水ですぐに接着剤を取り除きましょう。
・指の爪を外すときは、ピンセットを使用して、爪をゆっくり手前に引きましょう(損傷を避けるために穏やかな動きで)。

目玉を交換するには?

・ラブドールを安全な位置に置きます。
・まつげやメイクに触れずに、コンタクトレンズをつけるように、片手で下まぶたをゆっくり引き伸ばします。
・もう片方の手で、目玉を取り外し、中の綿を取り外します。
・綿を新しい目の裏に装着します。
・外す時と同じく、下まぶたを引っ張ってアイホールに新しい目玉を入れて調整します。

緩いたまつげを再装着するには?

・ラブドールの顔を上向きにして倒します。
・ペーパークリップ、ピン、カクテルスティック、または細い先のある物に少量の接着剤を塗布します。カクテルスティックをお勧めします。
・まつげをそっと引っ張って、まつげの根元ライン(ドールではなく)に接着剤を塗り、少し乾きましょう。粘着性を高めるためです。
・まつげの両端を持ち、接着剤に触れないように、貼り付けたい位置に慎重につけます。5秒間押し続けます。

他にご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください:service@tpdoll.com。