6月キャンペーン開催中! もっと見る
SE DOLL 全品18%円OFF!FIRE DOLL追加ヘッド無料!

ドールと一緒に引越しをするときに気を付けるべきポイントは?

ドールは大切なパートナーですから、長年一緒にいるという人が多いでしょう。 しかし愛の人形と長期間一緒に過ごすうえで、大きな問題となることもあるのを忘れてはいけません。 その大きな問題のひとつとして考えられるのが「引越し」です。 日頃から、ラブドールの移動やお手入れの際などにラブドールの大きさ、重さに苦労している人もいるでしょうが、そのラブドールの大きさ、重さがさらに大変に感じられるのが引越しのとき。 しかも適当な梱包などをしてしまうと、ゆがみや故障の原因ともなりますから、気を遣わなければなりませんよね。 そこで今回は、ラブドールと一緒に引越しする際に注意するべきポイントについて、ご紹介していきます。

引越しでラブドールを運ぶときには梱包をしっかりして傷付かないようにしてあげるのがベスト!

ラブドールの皮膚はちょっとやそっとの刺激で破れてしまうほど弱くはありませんが、だからと言って乱暴に扱うと傷になってしまいます。

人間の肌が擦れてスリ傷になってしまうのと同じですが、人間と違ってラブドールの肌は時間が経てば治るわけではありませんから、できる限り傷が付かないようにしてあげたいですよね。

そのため、まず注意するべきなのは「ラブドールを丁寧に、しっかり梱包してあげる」という点です。

このときに便利なのが、ラブドールを購入して輸送されてきたときのダンボール箱や梱包材をそのまま使う方法です。

当然ですが、ラブドールはメーカーから発送される際には傷付いたりしないように、丁寧に梱包されています。

そのときの状況を再現してあげれば、当然引越しで移動させてもラブドールに傷が付くことは避けられるわけですね。

しかもラブドールは小さいものでも100㎝、大きいものなら160㎝以上のものもありますので、そのサイズがすっぽりと収まるダンボール箱を探すのも一苦労です。

購入時のダンボール箱を保管しておけば、そういった点でも苦労せずに済みますね。

ただし購入時のダンボール箱は大きく、内部でラブドールを固定している梱包材も保管しておくのは住んでいる家によってはスペース的に大変です。

特に複数ラブドールを所有している人は、すべてのダンボール箱や梱包材を保管しておくのは現実的には難しい、という問題点はあります。

そのためダンボール箱はともかく、内部でラブドールを固定する梱包材は家庭にあるタオルなどを詰めたり、ラブドールを包んだりして使う場合も考えられます。

このときに注意しなければならないのが、ラブドールから染み出る「オイルブリード」、そして梱包用に使った布の色がラブドールの肌に移ってしまう「色移り」の問題です。

ラブドールは素材的に油分が染み出てくるものであり、その油分を「オイルブリード」と呼びますが、このオイルブリードが布地に浸み込んでしまうと、洗濯などをしても落とすのが難しくなってしまいます。

さらにこのオイルブリードによって、布地に使われている染料がラブドールの肌に色移りしてしまうこともあり、この場合も一度色移りしてしまうと、肌の色を元に戻すことはまず不可能です。

こういった点を考えると、ラブドールの梱包材として布を使う場合は、油分が浸み込んでしまって捨てることになっても問題なく、さらに色移りの心配がない白い布を使う用にするべきでしょう。

引越し業者にラブドールを持っていることがバレるのがイヤな人は引越し業者に頼らない輸送法を考えておこう

ラブドールの梱包をしっかりしても、いざ引越しで運ぶとなるとその手段についても考えておかなければなりません。

「引越しのときは荷物の運搬は引越し業者に任せるんだから、そんなに大変なことはないんじゃない?」

そんなふうに考える人もいるかもしれませんが、引越し業者によっては見積りのときなど、大きな荷物は内容や個数の確認される場合もあります。

なかなか「中身はラブドールです!」と答えられる人も多くないでしょうから、引越し業者にラブドールのことを知られたくない人は、自分で引越し先まで運ぶ手段を考えておくべきでしょう。

一番簡単なのは「自分の車で運ぶ」方法。

ラブドールのサイズによっては、車に積み込むのが大変かもしれませんが、一度積み込んでしまえば誰にも知られることなくラブドールを運べます。

自家用車があればもちろん便利ですが、車がない人でも運転ができるのならばレンタカーが使えますし、もし何体もラブドールがあって大荷物になってしまう場合は、天気にもよりますが軽トラックをレンタルしてしまうのもひとつの方法でしょう。

ただし引越し先があまりにも遠方だと、レンタカーはもちろん自家用車での輸送も大変ですよね。

そういった場合は「宅配便業者に運んでもらう」方法がオススメです。

自分でしっかり梱包さえしておけば、自宅まで荷物を受け取りにも来てくれますし、伝票も正直に「ラブドール」と書く必要はないので「家具」とでも書いておけば、中身が何なのかバレる心配はありません。

この方法の問題点としては、ラブドールはサイズも大きく重量もあるので、料金が高額になってしまう点が挙げられます。

下手すると一体につき一万円近くかかってしまう場合もありますので、ラブドールを複数所有している人の場合はかなりの金額になってしまうかもしれません。

そういった対応をするのが大変な場合は、最終手段として「ラブドールとお別れする」という方法もあります。

まず「オークションサイトで中古品として販売する」という手段があります。

ただしこの方法ですと、自分でラブドールの写真を撮影したり説明文を書いたりしなければならないため、オークションサイトを使い慣れていない人にとっては難しい部分があるかもしれません。

また絶対に買ってもらえるわけではないので、引越しまでの時間に余裕がない場合は難しい面もあります。

もっと簡単にラブドールを処分したい人は、インターネットで調べてみると「ラブドール買い取り業者」のHPが見つかりますので、そちらに問い合わせてみるのも良いでしょう。

ラブドールの状態によっては高値がつかない、またはまったく値段がつかない可能性もありますが、ラブドールは個人で処分するのは非常に大変ですので、処分を代行してもらえると思えば利用する価値は十分にあるでしょう。

ラブドールと一緒に引越しすることも考えながらラブドール専門通販サイト「Tpdoll」で好みのラブドールを探してみると良いかも!?

ラブドールと一緒に生活するうえで、引越しのときの苦労は誰にでも降りかかってくる問題です。

できるだけ一緒にいたいと考えるのは当然ですが、事情によってはそれがどうしても不可能な場合もありますよね。

もし一緒に引越しができるのであれば、輸送には精一杯気を遣ってあげて、やむを得ず処分しなければならない場合も、他人の迷惑などにならないように適切な処分をするようにしましょう。

寂しいですが、ラブドールとはいつか別れのときがやってくるもの。

そのときのことを考え、それまで全力で愛せるお気に入りのラブドールを、ラブドール専門通販サイト「Tpdoll」で選んでください!