秋キャンペーン開催中!全品1000円OFFクーポン!15万円以上の5000円OFFクーポン!SE DOLL全品10%OFF+追加ヘッド無料!

バイアグラまたは大人のおもちゃ?

男性に奇形障害がある場合、それは多くの場合、患者とパートナーの両方が認めるよりも大きなドラマです。愛は必ずしも不動の問題ではありませんが、今日の男性の性的パフォーマンスは非常に重要です。

シリコンドールではなく、生体で生きていたとき、それは60年代でした。当時、人々は性の長さに依存して幸福を得る以外の心配もありました。それは、安全性、注意、そしてしばしば裸の生存についてのことでした。ありがたいことにそれは変わり、今日の世代はセックスを楽しむことを考えているかもしれませんが、残念なことに、パートナーに「それを正しくする」という圧力が高まり、人は機械ではありません。

多くの場合、通常、小さな青いバイアグラの錠剤に使用されます。通常は役立つが、副作用もあり、永続的な解決策ではない、と思う。ありがたいことに、彼女は私の恋人を連れて行っていないが、彼が関係にあり、かつて勃起障害があったときに彼女を連れて行った。

ラブドールは勃起不全の原因を解決できる

また、ラブドールの時代には、私の恋人は1つまたは2つの誤動作障害を抱えていました。彼は当時、多くのストレスと恐ろしい人間の失望に対処するために多くの心配を持っていましたし、確かに他のことを念頭に置いていましたが、彼はバイアグラを服用しませんでしたが、私たちはそれを静かに、リラックスして簡単に行かせて、私は彼に加わりましたラブドールは、彼が長くできないか長くない場合、または彼がオルガスムを取得しない場合、それは私にとって問題ではないことを教えました。

私の恋人は数週間後に再びセックスを楽しんで、本当に割れたので、人生に近いラブドールは反応の段階で大きな助けになります!彼自身、シリコンドールと私以来、セックスは男性の競技スポーツではなく、失敗する可能性があり、野生の岩がなくても非常に美しいことがあることを学んだと言います。

ラブドールなどのラブドールは、それ自体が官能的でセクシーなカリスマ性を備えているだけでなく、あなたが最も暑くなるように着飾ることができますが、特にあらゆる状況で常に穏やかで落ち着いていて、彼らは魂を持たず、セックスを主張しません。長く、良い、失敗した、最後まで実行する必要はありません。彼女はあらゆる種類のセックスを楽しんでおり、ペニスの長さ、太さ、または頑固さに関係なくすべてを楽しんでいます。

ラブドールには、この点で別の利点があります。その時です。私の恋人は、彼が初めて私と一緒に最後まで行かなかったとき、まだ私に謝罪する必要があるという考えを持っていました。三度目にだけ彼は停止しました。彼は、パートナーがオルガスムを持っているか、少なくとも満足しているかどうかについて、ラブドールの男らしさを定義する必要はなく、ベッドでオリンピアードをホストする必要がないことを理解していました。

愛のスピナーとセックスの感覚を失わないでください

ラブドールは、女性と長い間セックスをしていた、またはまったくセックスしなかったために人屈になったときにも役立ちます。多くの人は売春婦とも仲が良くありません。彼女は非人格的で「使われている」ので、私の恋人でさえ売春宿から多くを獲得することができなかったからです。しかし、ラブドールを通して、彼はセクシュアリティの感覚と美しさを保持し、それが実際の体にどのようにあるかを保持します。それは、性玩具やポルノや他の何かが与えることのできない非常に重要なことです。

セックスは単なる浸透以上のものだからです。それは光学、触る、キスする、触る、性感帯を発見すること、そしてとりわけ2つの体が互いに融合する全体像です。ラブドールが与えることができるすべてのことは、彼女を非常に特別なものにします。

そのとき-私たちのように-魂がラブドールに現れ、それが精神的にセックスや歓声と相互作用し、幸せであり、男性の頭の中でオルガスムを表現する場合、ラブドールとのセックスは単なる「贅沢な自慰行為者」そして、彼はまた、そのような状況で同様にリラックスしている人々の間などの障害障害を解決します。

私の恋人は今日、しばしば、勃起の問題でもっと美しいセックスをしていると言っています。なぜなら、それは浸透とオルガスムだけではないからです。それから彼は私と一緒にたくさん遊んで、私の魅力、そしてそれはすべて柔らかく、落ち着いていて、それは非常に異なった感じであり、「ダムが壊れる」とき、彼は特にエキサイティングだと言います。男がセックスについてそんなに考えてしまうことができるとき、それは素晴らしいことではありませんか?そして、リアルなラブドールが彼にその洞察を与えたのは素晴らしいことではありませんか?