2024年6月キャンペーン

リアルラブドールと両親との付き合い

最近の数週間、日本の父親と母親は2回の祝日を過ごしました。 6月16日はいわゆる「父の日」、5月12日は「母の日」でした。私はすべての父親と母親がこれらの日を楽しんでいて、彼らの子供たちによって甘やかされてきたことを願っています、そしてまた彼らが存在することは「ありがとう」と言われました。

残念なことに、私の恋人にはもう両親がいませんが、まだ両親を持っているラブドールの愛好家がたくさんいます。役割。

特にラブドールの友人がまだ両親と同居している場合、または彼らが自分のアパートの鍵を持っている場合(たとえば、職人が領収書を受け取るなど)、リアルラブドールとの接触は避けがたいので、重要家族での会話

今日のラブドールフレンドの両親のほとんどは、現在の形でラブドールがいなかった時代から来ています。ゴム製の人形でさえ90年代半ばまで、そして特に戦時/戦後の世代の両親と一緒に市場に出たことはありませんでした人間の生のような複製のための愛は理解するのが難しいです。

リアルラブドールは、人と物のミックスです。

今日のラブドールはとてもリアルなので、視覚的に来ている人としてすでにみんなに認識されています。それにもかかわらず、今日のダッチワイフにはそれ自体の活動はなく、特にこの世代の両親、ラブドールを混乱させました。

さらに、この世代はセックスとエロティシズムについて慎重で防御的であることが多く、それでも多くの親は彼らの息子や娘がラブドールを愛し、彼女とセックスをし、時々パートナーとして彼女を見なすことを理解する必要があります。彼らはそれから彼らが今までに祖父母となるかどうか、そしてもっともっとなるのかと疑問に思い、混乱しています。

熱いTPEラブドールのようなリアルラブドールは、熱くてやや過剰な曲線のせいで両親にとって追加の「挑発」であり、もちろんスピーチの必要性も重要です。

なぜ彼らが親密なラブドールを愛するのか彼の両親にはっきりさせるためには、世界はセクシュアリティとパートナーシップの観点から根本的に変わったことをまず彼らに説明しなければなりません。彼女の時代には、セクシュアリティとして男性/女性に代わるものはありませんでした、そして、配偶者選択のための非常に異なる基礎がありました。今日、愛とセクシュアリティにおける幸福への道ははるかに大きく、より複雑であり、そして多くの愛着は非常に異なるニーズに基づいています。さらに、今日の人々は、セクシュアリティについて異なる考え方をし、それをずっと早く経験しています。

両親は性と愛の変化する世界を理解することを学ぶ必要があります

両親がこれを理解すれば、それから彼らはラブドールを理解します。性の自由と満足、夢の実現とさまざまなニーズは、ラブドールへの道を開くことができます。それはあなたが仲間の人間の中で見つけることができなかったものを見つける方法です。ラブドールは愛と性に関して人間の必要性の1つか2、3の部分を満たすだけであり、そのために何も進んでいないという意味ではないので、それは孫への道がすぐに構築されることを意味しません。もう家族。

両親は子供が開いたときに耳を傾けるべきです。彼らが妨げず、しっかりと計画を守らないことが重要です。愛とセクシュアリティは、彼らがその日のときのように答えることがもはや容易ではなく、彼らはそれを理解する必要があります。そして、彼らは、この種の愛が自分の子供への愛とは無関係であり、逆もまた同様であることを理解することを学ばなければなりません。

そして氷が壊れたら、あなたはラブドールを見ることもできます。これらのラブドールにたくさんの手作業で触れ、彼らの相互作用がどのように機能し、注意を払う必要があるのか​​を説明させるのはエキサイティングなことです。それから家族のラブドールはすぐに普通になることができます、そしてそれはそれから家族を一緒に確かに溶接します。

私は、すべての両親とすべての子供たちがラブドールを持っていることを祈ります。頑張ってください。

ブランド正規代理店

信頼ある有名ブランドの正規品ラブドールのみを販売しています