2019クリスマスキャンペーン期間限定割引:11月30日一12月31日に15%OFF!
クーポンを取得する

ドールの基本的な使い方をマスターして十分楽しもう

皆さん普段オナニーはどのようにしているでしょうか?自分の手で、という手淫の方も多いはずです。もしそれに飽きている、むなしさを感じているようであれば、大人のおもちゃラブドールを使ってみるのも一考です。愛撫やキスなど、今までのオナニーライフとは違った楽しみ方もできます。

オナホールをセッティングする

ラブドールを見てみるとオナホールが一体になっているものもあれば、別個のタイプも見られます。後者の場合、別途でオナホールを購入する必要があります。そして女性器に相当する部分にオナホールをカバーする感じでセッティングします。このような準備をしっかり行っていないと、プレイを中断せざるを得ません。そうなるとせっかく盛り上がってきたものも醒めてしまいます。

対応できるオナホールは商品によって異なる

オナホールを装着できるタイプの場合、どのようなアイテムに対応しているかどうか購入前に確認することです。中には普段使っている好みのオナホールがあるからリアルラブドールにも使用したいと思っている人もいるでしょう。その場合には、使いたいオナホールがセッティングできるかどうか見ておくべきです。特にこだわりのない場合、いくつかオナホールを使ってみるといいです。そして最も気持ちよかったものをレギュラーで使用すべきです。

いろいろな楽しみ方のできるラブドール

現在販売されているラブドールは「リアルラブドール」というものが主流で、かなりリアルに作られています。見た目だけでなく、触ったときの感触、重さなどもリアリティを追求しているものもあります。ですから本当に女性を抱いているような錯覚に陥ります。膣部分だけでなく、口やアナルも設けられています。疑似セックスだけでなく、オーラルセックスやアナルファックなど様々な楽しみ方ができるわけです。行為後やセックスしていないときには抱き枕のような感覚で、添い寝する使い方もあります。女性と一緒に寝ている感覚に近いので、一人で寂しく感じている殿方にもおすすめです。

ローションを使用するのも効果的

ラブドールはリアルに近く作られていますが、生身の女性との大きな違いとしていくら頑張って愛撫しても濡れてくれません。そのまま挿入すると引っ掛かりが強く、ペニスが痛くなったり、傷ついたりするかもしれません。そこでおすすめしたいのが、ローションの使用です。ローションを使用すれば、ヌルヌルで気持ちよく挿入できます。またピストンしているときに「ヌチャヌチャ」という音が聞こえてきます。このため、より本物の女性とセックスしている錯覚を楽しめます。

素材別の注意点

ラブドールは大きく分けて、TPE(熱可塑性エラストマー)製とシリコン製があります。それぞれに使い方で注意すべきポイントがあります。

TPE(熱可塑性エラストマー)製の場合

TPEは熱に弱いため、高温の状態で放置しておくと変形してしまうような可能性もあります。そのため通常使用する場合よりも、使用しない時の保管場所に気をつける必要があります。高温多湿の場所は避け、涼しいところで保管する必要挙があるでしょう。

シリコン製の場合

シリコン製のラブドールは耐久性に優れています。このため、一般的なプレイをしている限り、破損の心配はまず考えにくいです。しかし無理やりのフェラなど、強い衝撃を加えると裂け目のできる恐れが出てきます。シリコン製の場合、どこかに損傷が発生すると一気に使えなくなることも考えられます。

まとめ

一昔前のいわゆるダッチワイフと比較して、リアリティという部分では現代のラブドールはかなり進化しています。本当に女性の柔肌を触っているかのような感触です。ただしあまり激しいプレイをしたり、むちゃなことをしたりすると、壊れてしまう危険性はあります。生身の女性と同じように、やさしく扱うことを心がけましょう。