ドールをより美しく!ドレスアップのコツについて詳しく解説

リアルな女性に限りなく近いドールに衣服を着せることによって、さらに自分好みの女の子に仕上げられます。衣装でコーデするにあたって、サイズや素材などいろいろと選ぶポイントがあります。ここでは服の選び方のコツについてまとめました。

サイズに注意

衣装を選ぶにあたって、サイズをどうするかで迷うかもしれません。まず自分のドールの身長をチェックしましょう。身長150cmまでであれば、子供服がちょうどいいです。それを超えるサイズのドールであれば、レディースサイズの中からチョイスしましょう。

子供服のサイズ

子供服の場合、身長をベースにしてサイズを決めます。大体表示されているサイズのプラスマイナス5cmが適切な衣服と考えましょう。例えばサイズ120cmの子供服の場合、身長115~125cmのラブドールが対象といった感じです。中にはコスプレを着せて楽しみたいと思っている人もいるでしょう。子供服のコスプレも一通りラインナップされているので心配は無用です。

レディース服の場合

150cmを超える身長のラブドールであれば、レディースサイズの衣装の中から選ぶといいでしょう。サイズの目安になるのは160cmまでであればSサイズ、それ以上だとMサイズをベースに検討しましょう。レディースは子供服と比較すると、ウエスト部分が太く作られているものが多いです。もしダブつくようなことがあれば、背中の部分に安全ピンもしくは洗濯ばさみで止めて調節するといいです。

ウィッグでイメチェンする

ラブドールの印象をがらりと変えたいと思っているなら、ウィッグでドレスアップするのも一考です。このようなアレンジをする場合、ドールのサイズによって選び方のポイントが変わってきますので以下で詳しく解説します。

140cm以上のラブドール

身長140cm以上ある等身大のラブドールであれば、ウィッグの購入は簡単です。本物の女性の着用するものを調達すれば、ほぼ確実に装着できるはずです。コスプレウィッグのような金髪をはじめとしたカラーリングの施されているかつらも見られます。このようなウィッグを装着すれば、いつもとは違った新鮮な印象に仕上がるでしょう。ネット通販でも取り扱っているので、スマホやパソコンを使って自宅で簡単に注文できます。

ミニサイズのドール

問題なのは100~130cm程度のミニラブドールで使用する場合です。身長だけでなく、頭のサイズもコンパクトに作られているのですっぽりハマるかつらを見つけるのは結構難しいです。子供用ウィッグが販売されているので、こちらで調達するのが基本です。しかし大人の女性のそれと比較すると、子供用かつらはそれほど取り扱いは多くないですし、バリエーションも豊富ではないです。100cm未満のドールの場合、さらに購入は難しいでしょう。オーダーメイドなど特別のウィッグを購入しなければならないかもしれません。

セクシーにドレスアップする方法

ラブドールをドレスアップする際に、セクシーで妖艶な仕上がりを希望している人はいませんか?その場合におすすめのコーディネートについて、以下にまとめました。イメージを具現化できない際には、これから紹介する方法を参考にしてみませんか?

サラサラドレス

ドレスを着用する際に、サテンやシルクようなさらりとした衣装を中心に考えてみましょう。光に反射するので、ゴージャスな印象になります。またさらさらした質感はラブドールの柔らかい肌の感じになじみます。思わず触れたくなるようなコーデです。

下着も油断せずに

せっかく美しくドレスアップしたのに脱がせてみたら、生活感のある下着だと魅力も半減します。服を着用しているときに見えないからと言って、下着を手抜きすべきではないです。下着はランジェリーの中から選ぶといいでしょう。特にひもパンのような布面積の少ないものだと、大人のセクシーで魅惑的な印象を強められます。

ラブドールの衣装をどうするかによって、印象もだいぶ変わってきます。せっかく購入してもサイズが合わずがっかりということにならないためにも、ドールの大きさにマッチしたものを慎重に見つけましょう。