2024年6月キャンペーン

研究ロボットはラブドールの歴史の中で大きな挑戦です

これらのおもちゃの中には成功したものもあり、販売できないものもあります。2009年に、シリコーンのリアルドールの装置は進水しました - これは俳優が実時間でスクリーンで感じるものを模倣するポルノビデオに関連した男性の装置です。科学技術ニュースのWebサイトのコメントによると、この経験は非常に現実的です。

最後の2本の映画で、映画製作者たちは興味深い概念を探った。人間が恋に落ちるかどうか、そして人工知能やロボットとセックスをしたいのか。もちろん、これは人が人工的な人間の実体の後に満足しているのは初めてではありません。人工知能やロボットがより高度になるにつれて、愛とセックスのために設計された160cmラブドールはついに現実に近いと主張する人たちもいます。

第一に、リアルラブドールや他の人型の形は今では重く、ラブドールは最大47kgの重さがあり、その重さを支えることはできません。セックスロボットは、立ち上がることができるだけでなく、四肢を独立して動かしたり配置したりすることができなければなりません。これは簡単な作業ではありません。ロボット工学の専門家は、滑らかな人間の動きを再現するためにまだ努力しています。

ロボットには現実的な皮膚も必要であり、シリコーンは清潔に保つ必要があります。コピーは人間の肌の不規則性だけではなく、その感触、弾力性、そして心地よさ、そして伸縮性と色調、そして本当に難しいのです。昨年10月に、シンガポールの研究者たちは、彼らが圧力を感じることができる人工皮膚を開発したと発表しました。セックスロボットについて話すときに人々がよく意味するのは、ロボットは人型の形をとるということです

一部の人々は、アプリは男性がロボットと同期することができる彼らの人形とつながるのを助けるだろうと言います。新しいセックス人形が質問に答えるために撮影されました。そして、話すことができる最初のポルノロボットであると主張しました。ラブドール業界が進歩するにつれて、リアルラブドールは人間とロボットの間の境界線をさらにぼやけさせると言われています。

性人形ロボットと人工知能人形は、先進工業経済の経済的、社会的、そして個人的な組織に影響を与えます。それはアメリカだけではありません。 2015年11月にマレーシアで第2回愛と性ロボットに関する学術会議が開催される予定です。2016年に第2回ロボット愛と性に関する国際会議が開催されます。

これらはすべて面白くて難しい技術的問題です。誰かがこれらの問題すべてを別々に処理しています。しかし現実には、説得力のあるセックスロボットを作成するには、エンジニア、ロボット、大人のおもちゃのデザイナー、コンピューター科学者などでいっぱいの巨大なチームが必要です。 「一人の天才にとって、それらは十分に単純ではない。

セックスロボットはセックスTPEリアルドールであり、デバイスではなくはるかに複雑な見通しです。法と技術の共通部分を担当する記者は、「セックスロボットは、ナノテクノロジーから不均一な肌の質感の再現、人工言語への自然言語理解まで、複数の分野をまとめる必要があるだろう」と述べた。本当に満足のいくセックスロボットを作るには、皮膚からヒンジ、バッテリー寿命、そして内部プロセッサに至るまで、多くの技術的エンジニアリングが必要です。

ブランド正規代理店

信頼ある有名ブランドの正規品ラブドールのみを販売しています