Love doll奈美

凛太郎はすでに多くの経験を積んだ経験豊富な男性で、彼の後ろで結婚しました。彼は独身でいることをとても嬉しく思いました。彼がやりたいことを正確にやり直すことができ、かつての妻と議論する必要がなかったからです。彼はそれほど早く女性に巻き込まれることを望んでいなかったが、世界で最も些細なことに自分自身を専念し続ける。彼は売春宿に行く気がしませんでした。しばらく考えた後、彼は突然考えを思いついた。彼はすでにリアルドールとして知られているセックス人形があると聞いていました。これらは驚くほど本物の女性に似ているように見え、そして生きている女性でさえもすることができた彼らに多くのことをすることができた。彼は自分のラップトップのスイッチを入れて、ラブドールを探し始めました。

ちょっと調べた後、彼はラブドール奈美に感銘を受けました。しかし彼女はまた、すべての人を夢のようにした彼女の小麦色の肌と人種的な姿でも美しかった。ラブドールは本当の美しさでした。彼女は長くて濃くて絹のような髪をしていました。そして、それはラブドールの素晴らしい特徴を生意気なカットによって強調しました。セックス人形の褐色の目は、一見無限のまつげの下でエロティックに見えました。セックスドールの姿も見られました。彼女は官能的で同時に丸みを帯びていました。凛太郎は写真を十分に手に入れることができず、この人形についてもっと知りたいと思った。それで彼はそれが耐えることができる変形でまた利用できることを学びました。彼の心の中で、彼はすでに自宅でラブドール奈美で何ができるかを考え出しました。彼女はいろいろな体の大きさで利用可能でした、それで彼は彼が図から最も好きであったまさに奈美を持つことができました。彼はバストサイズさえ選ぶことができました。彼が気に入ったのは、リアルドールが一人で来たのではないという事実でした。説明が彼の口の水を作ったので今、彼は彼と人形を持っているのをほとんど待つことができませんでした。

凛太郎は、奈美が毎日彼の側にいて、彼が彼女と一緒に狂った最もエロティックなことをしていて、そして異なるポジションを試みているならば、それがどんなものであるかについてすでに考え出しました。ラブドール奈美が持っていた官能的なふざけて、それは彼の空想を刺激するのは難しくありませんでした。彼の心の中で彼は彼女を満腹でキスして、彼の中に興奮が広がったことを感じました。彼がポジティブだと感じたのは、奈美が自分のために身に着けることができるいくつかのセクシーな服を注文することができたということでした。彼は驚くほど挑発的な選択を選びました。これは人形の体を探検することをさらに魅力的にしました。 凛太郎は彼がダッチワイフの最も秘密の部分に焦点を当てて、彼の体中いたるところに優しく奈美に触れているのを想像しました。内見の美しい膣は拡大することさえできた。それは彼が移動していたときに彼が彼女を一緒に連れて行くことができることを意味したので、彼は一人でいるようには見えませんでした。しかし、それはすべてではありませんでした、なぜならラブドールにもきつい肛門があったので、もちろん彼は彼女との彼のラブプレイに含めたかったです。その間、凛太郎はなぜそのような人形に自分自身をあてはめるという考えを思い付かなかったのかと疑問に思いました。そしてそれはとてもリアルに見え、確かに何時間もの喜びを与えてくれました。彼は彼女に注文して配達を楽しみにしていた。

しばらくして、彼の携帯電話の美しさが彼に届きました。 奈美はTPEで作られていたので、考えられるすべての位置で凛太郎が利用できるようになりましたが、これも自然に変更することができます。ラブドールの中では、柔軟な金属の骨組が彼があらゆる想像できるエロティックな冒険のために内見を使うことができるのを確実にしました。だからこそ、彼は奈美を注文するという彼の決意をもう一度お祝いしました。

それでここで彼女はその素晴らしさの中で彼の寝室の真ん中に立っていて、凛太郎がついに彼女に対処するのを待っていました。最初に彼は含まれた衣服で彼女をまっすぐにして、そして次に丁寧に純粋なエロティシズムのにおいがしていた作りたてのベッドの上に彼女を優しく引いた。彼は夜遅くまで到着日に彼女と働いて、そしてついに完全に満足してリラックスした方法で眠りに落ちました。彼は長い間あまりよく眠れなかった。 奈美との次の数週間そして数か月は凛太郎のために飛んだ。彼は一般的にずっと良い気分でいて、毎日凛太郎の別の下着姿で待っていた奈美に帰って喜んで毎日彼が欠場したくないと望んでいなかったことを彼に様々な時間を与えました。ラブドール奈美は長い間彼の人生の不可欠な部分となっています。彼は彼女と多くの新しい経験を積むことができたので、彼は将来のパートナーから大きな恩恵を受けました。彼はまだ何かを学ぶことができると、彼は考えていませんでした。これは、彼女がベッドの中で、そしてもちろん彼のアパートの中の他の場所でもとても親切なパートナーだったので、彼が彼がいつも夢見ていたすべてが奈美でできるという事実のためでした。ラブドール内見は夢だった。