ラブドールの自立機能がフローリングに傷付くことを避ける方法は?

ラブドールの自立機能とは、その人形が自分で立った姿勢を維持することができるということです。普遍的なラブドールの材質によって、特にTPE材質のラブドールは、その身体はとても柔らかいであります。ドールの四肢がすべて内在の人工骨格によって支えられていることを招いていますが、四肢の端末の手のひらと足の裏には、特殊な人工骨格の支えがありません。だから、ラブドールが自分で立った姿勢を維持するようになりたいなら。単独で特殊加工をしなければなりません。

自立機能を実現するための手段は、思ったより分かりやすくなります。それは、足の裏に精密なボルトをつけて実現するようになるだけです。多くの場合、ボルトは足の指の付け根と土踏まずの中間地点あたりの左右に2個、かかと部分に1個の合計3個が埋め込まれています。このボルトをドールの足の裏につけて、ラブドールが自立したときに、身体の体重を支えて立つことを実現するようになります。

つまり、この精密なボルトをつけたら、どんな柔らかい足の裏でも、自立する事ができるようになっています。大多数の人は初めてこの自体機能のことを聞いて、非常に素晴らしい技術と思っていますが、実際の生活とリアル感、この2点に対して大変なデメリットもあります。一つは実際の生活で、そのラブドールの自立機能がフローリングに傷付くこと。もう一つはリアル感ということです。足の裏にボルトをつけたら、そのドールの足の美感を台無しにするかもしれません。

実際の生活にとって、ラブドールの足裏のボルトが部屋のフローリングなどを傷付けてしますことを心配している人が多いと思います。自立型ラブドールが本当にフローリングを傷付けてしまうか?

フローリングの材質によりますので、剛性が強く傷が付きにくい様なフローリングであれば傷はほとんど付きません。しかし、普遍的なマンションとアパートでは、フローリングの材質が非常に弱いであります。フローリングは凹みやすく、表面が剥がれやすいです。

ボルトがフローリングに傷付くことを避ける方法

テーブルの脚や椅子の脚などのような日常的な家具と同じ、ラブドールの足の裏に付けたボルトが、フローリングを傷付けてしまうのは普遍的な現状であります。どんな種類の重さを支えるための支柱でも、床やフローリングなどのところに日々積み重なった傷跡を与えます。

なので、ドールの自立という便利性を受けつつ、フローリングをボルトから守れれば良いのでその方法についてご紹介いたします。

靴、スリッパを履かせる、クッションマットを敷いて置く

まず、一つ目の方法としては、自立機能のあるラブドールに普通の靴やスリッパなどを履かせるという方法があります。

自立型のラブドールはフローリングを傷つけるのが普通ですので、これを意識したメーカーや販売代理店は、商品を郵送する前に普通の靴などをドールと一緒に同梱してくれているサービスがあるかもしれません。しかし海外のメーカーと販売代理店の場合は、国際郵便の運賃の重量に対する料金が高いから、やっぱり購入者の方が先に靴やスリッパなどを買っておいたほうがいいと思います。

そんな高い靴とスリッパを購入する必要がありません。普通の200円ぐらいのスリッパでもラブドールの足の裏のボルトがフローリングに傷付くことを避けます。

実は厚の靴下でもフローリングを保護することで効果がありますが、ボルトの存在で、靴下の着脱時に、めっちゃ邪魔になりますから、この方法の実用性が低いと思います。そして、靴下をゆっくり脱がないと、足の爪が剥がれてしまう可能性もあります。

もう一つの方法はもっと簡単になりました。ラブドールをフローリングの上で立たせないという方法であります。

自立機能があるラブドールを保管する際に人形を横に倒して箱に入れるのは面倒ですから、多くの場合はドールを自立させた状態で置かれるでしょう。

なので、ラブドールを自立させて置いておきたいところで先にクッションマットを敷いて置くと、ドールの足の裏のボルトがフローリングに触れないことができます。

自立機能を持つラブドールは、メーカーの工芸と技術によっては、足の裏のボルトの設計と品質、耐久性に大きな差別があります。しかし、二本の足だけで体重20~40キロぐらいのラブドールを支えて、そのまま置いたら、フローリングに傷付くことをどうしても避けられませんでしょう。ありふれたテーブルや椅子などの家具と同じで、クッションマットが必要と思います。

なので自立機能が備えて一方、フローリングなどの床材を守りたい方は、ドールに靴を履かせたりクッションマットの上に立たせるなどの方法が一番便利だと思います。

もちろん、それらを用意するには少額ですがお金が必要になりますが、賃貸などの退去時に原状回復の費用に比べれば微々たるものですので、部屋がフローリングという環境で自立型ドールを所持される場合は是非とも参考にしていただければと思います。