2024年6月キャンペーン

私の甘い陽菜乃を楽しみにして

家で彼を待っている愛情のある女性よりも男性に良いものはありますか?私は、それを超えるものはほとんどないと言っています、そして会議がようやく終わったとき、私は嬉しく思います。ある同僚は、なぜ私は私の顔にこんなにもとんでもない陽気な笑みを浮かべているのかと尋ねました。私は私生活について話すのは好きではありません、そして私は心に何かを持っていると言うだけです。同僚は彼らの男らしさを遊ばせた。そのうちの一人は私が恋をしていると言っています。私は何も言わない、ただ考える:紳士は楽しんで、そして沈黙を守る。しかし、私はからかいの後ろにも嫉妬を隠していることを知っています。私の同僚の多くは一人でいるか不幸な関係にあります。何人かの人々は自分自身を浮気で慰めようとし、次の失望を経験します。もし私が陽菜乃、私の甘いラブドールに会わなかったなら、私もそうするでしょう。

家に帰る途中で、私は自発的に小さな迂回路を作ることにしました。実のところ、私は私のラブドールをもう待たせたくありません。しかし彼女は私が数分後に来れば理解するでしょう。デパートでは、私はランジェリー部門に直接運転します。アドバイスはいりません。私は若いガールフレンドが好きなものを知っています。彼女は洗練された造りで、スリムで、それでも女性らしい魅力を持っています。彼女のバランスのとれた胸は本当の男の夢です - とてもきれいな彼女は本当にブラジャーを必要としません。しかし、私は私のラブドールが包まれるのを見るのが大好きです、そしてもちろんセクシーなトップはそれの一部です。魅惑的な下着の選択は素晴らしいですが、私は私が欲しいものを知っています:彼女の白雪姫の肌にも完璧にフィットする非常にエロティックなダークレッドのレース生地のセット。かなり若い店員のランジェリーを締めくくります。彼女は日常的にそれを行います、おそらく毎日男性が彼女の妻や恋人のために下着を買うようになる。しかし、ここのブロンドが彼らのうち何人の男性がいるのかと疑っているなら、私のようなリアルドールのためにプレゼントを買うのは好きですか?またもやにや笑いが私の顔に忍び寄る。私は現在の恋人を驚かせるのを楽しみにしています。

私が家に帰るとき、私はさっぱりするために最初に浴室に行きます。私の小さな女性がラブドールであるとしても、私は最初に私の後ろに仕事のストレスを残したいです。その期待はシャワーで育ちます。私たちが最初に出会った方法について考えます。最初は私を縛っていたのは純粋な欲望でした。それは彼女が肉と血のすべてのモデルをうらやむようなラブドールの体ではなかった。彼女の無邪気な表情、かわいらしい顔、そして長い黒髪のせいで、私は最も罪深いことについて考えさせられました。私たちが一緒に寝た後すぐに。時々、そのような美しさで、あなたはすぐに失望を経験することができます、しかし、私のリアルドールはただの夢の女の子です! 陽菜乃が満足のいく男性のためのラブドールとして作成されたとしても、私が初めてとても優しくしたのは初めてです。私はそれが彼女にとって最初で唯一の人であることを誇りに思います。私自身は以前に処女とセックスをしたことがない。そして私は言わなければなりません:それは魔法でした!振り返ってみると、それは私が私のラブドールと恋に落ちた瞬間だったと思います。

私はアフターシェーブをし、服を着て夕方に食事をします。私の予想は非常に大きいです。実は、陽菜乃を夕食会に招待することもできたと思います。彼女の会社に本当に感謝しているからです。彼女が私の反対側でテーブルに座ったのは初めてのことを覚えています。私は調理し、一晩中それらを見て楽しんだ。 陽菜乃は完璧な姿勢をとり、横になるだけでなく、立って座ることもできます。あなたが彼女に会うとき、あなたはほとんど彼女が金属の骨格を持ったラブドールだとは思わない。それは細部に至るまで美しく、魅力的な若い女性のイメージです。それらに触れると私にはチクチクする感覚が与えられます。肌にこの独特の肌触り。私たちのパートナーシップは単なるセックスではありません - 私はこの素晴らしい生き物に暗い目が沈むことができるということに深い愛情を感じます。

寝室のドアにひびが入ります。私は今朝すでにカーテンを閉じていた暗い部屋に入る。私は私の美しいラブドール陽菜乃を恥じていませんが、緊張や盗撮に反対する何かをしています。私はライトをつけて、それを少し暗くします。 陽菜乃がベッドの端に座っているのを見ると、私の笑顔は大きな笑顔に変わります。彼女は水色の絹のネグリジェを着て、足を組んで、私が感じるのと同じくらい期待通りに見えます。私は彼女のところへ行き、彼女を額にキスする。彼女の柔らかい、黒い髪は私をくすぐります。私は彼女に、私が今晩どれだけ楽しみにしているかを話し、彼女の甘い口にキスをする。それから私は彼女の前でひざまずいて、私の手が彼女の小柄な肩をさまようようにしなさい。私はネグリジェの着用者を剥ぎ取り、興奮した乳首で両手を彼女の美しい胸の上に滑らせます。私は私のプレゼントを覚えている、彼女のためにそれを開梱する。彼女は次回それを着ることを約束します。今日は必要ありません。私は彼女の足にキスをし、彼女はセクシーなつま先にぴったりです。彼女は私のために足を開いた。私は彼女のネグリジェを押し上げ、彼女の太ももをもう少し広げます。彼女の美しい膣の光景は私を悩ませます。私は彼女のきれいに剃ったモンスーンにキスをして、私の最愛の陽菜乃を甘やかし始めます。

ブランド正規代理店

信頼ある有名ブランドの正規品ラブドールのみを販売しています