人形をきれいにする方法は?

一般清掃:

もし汚れやほこりが付いたときは、濡れたタオルと入浴ミルクで拭くことができます。

入浴ミルクで取れない汚れがある場合は、クレンジングオイルを使って取り除きます。

クレンジングオイルでも汚れが取れない場合は、染色状態の可能性があります。

ラブドールの汚れ範囲が大きい場合は、ラブドールを浴室で直接洗浄することも考えられますが、人の肌が耐えられるような温度であれば、ラブドールが受け入れられます。

TPE製のラブドールは温度に対しては敏感で、高すぎる温度(70度以上)で「消毒すること」をを避けてください。TPE材質は高温で変形する可能性があります。

使用後の清掃:

一般的なラブドールの使用可能な部位は口、秘部、肛門の3つの部位、ほとんど人形はこの3つの部位をすべて使います。

しかし少数のブランドのラブドールはその中の1つまたは2つの機能だけを備えていて、どのブランドのラブドールも、口部または肛門は必ず「一体式」の設計になっていて、つまり内部の通道と体は分解してはいけないが、秘部は必ずしもそうではない。

一部の人形は、取り外し可能な「分解式」として設計して、使用後に直接名器(秘部通道)を取り外して洗います。

一体式のラブドールを選択した場合、使用後にラブドールをお風呂に入れて清掃作業が必要になります。

あなたがどんな方式で人形をきれいに洗うのに関わらず、洗った後にタオルでラブドールを包んで軽く「乾かす」、力を入れて拭いてはいけません。

人形の表面に傷を付けないようにして、通道内へ水分を吸い込むように紙タオルを入れます。

ラブドールの体の水が乾いた後ベビーパウダーをかけると、ラブドールの皮膚を最高の触感を保つことができます。

メンテナンス:

ラブドールの体には持続性の慢性的な油があり、ラブドールの材質の違いで油は同じではなく、高級シリコン製ラブドールは油を出すのが軽微で、TPE製ラブドールの油は比較的明らかで、ラブドールが油を出すと人形の体の感触が悪くなり(渋い、粘り)、また、ほこりが付いてしまう。そのため、ラブドールの体の滑らかな感触を保つために、定期的なメンテナンスが重要です。

メンテナンスの方法は非常に簡単で、市販のあせもの粉と赤ちゃん用のパフを使用して、あせもの粉を均一にラブドールに塗るだけです。

Tpdollのアドバイス:

あせもの粉(ベビーパウダー)を選ぶことができます。このように保養後のラブラブの匂いや手触りも良くなります。