2024年6月キャンペーン

ドールに関する感想及び未来の開発

まず最初にドールの特徴から見てみましょうか。リアル、スタイルがいい、背が高い、胸が大きい、幼女みたいに可愛いなどは自己満足が実現できます。ドールは通常、TPEやシリコンの肌などによって製造されています。また、ラブドールには口、おっぱい、マンコ、アナルなど揃っています。これは現実の女とほぼ同じです。

どうしてこんなに人気があるでしょう。昔はラブドールがシリコンで作られ、一体のシリコンのラブドールがその時のサラリーマンとして高嶺の花みたいにとても高いです。今は違います。エラトラマーが開発されていてコストが激減しました。そしてその素材も再利用回収できます。これで普通の人にとって一体や二体を買うことも夢じゃないです。もっと余裕の場合はシリコンとエストらまーとも買えばいいではないか。またこれらのラブドールはシリコンやTPEで作られたのでどっちとも超リアルでした。

未来の開発について

重さ

今のラブドールは重いです。普通の160cmくらいのラブドールは30kgに達します。ラブドール自分が動けない場合は移動、ポーズをやるときも苦労です。もし、自分の力があまりないなら、身長が低くて20kgのラブドールを選んだほうがいいです。今のメーカーは競争力を上げることは新しい素材を作らなければならないでしょう。

関節

今のラブドールの関節はまだ硬いです。自由度が低い。ポーズを替えることは片手で調整できない。両手でゆっくりすることは肝心です。力を入れすぎるとダメージに与える可能性が高いです。これも新しい素材が必要ですね。軽くて自由度が高い素材を開発してくれる天才が生まれたかな。

変な匂い、油ぽい及び色移り

今のラブドールは主にエラストマーとシリコンで作られ、シリコンはエラストマーより色移りにくくて油があまりでなくて匂いも少ないだが、値段が高いです。エラストマーは安いけど、変な匂いがあってよく油がでて色移りも要注意です。次の素材はこれらの問題を克服なら、絶対売りに売れるでしょう。

環境による体温

シリコンとエラストマーは普通の素材で自分が発熱することはできないです。夏は外の気温でラブドールの体の温度が人間に近いですが、一旦冬に入ると体がめっちゃ寒いでしょう。今、こたつやエアコンで加熱するドーラーもいるんですが、時間と電気代もかかるし。あと、ドールの体内に加熱ものを設置するメーカーがありますが、技術上にはまだいい効果が出なかったです。このことはすこしずつ前に歩く感じがします。

マンコのホール体液について

現実の女は耳、おっぱいやマンコなどの敏感なところが触られたら、体は刺激を受け、ホールの内壁には体液が出ます。今のローションは体液の効果を真似して作ったものです。体液はチンチンに傷つけることを避けて女性のホールを保護しながら、よりいい男女のセックス体験を作ります。体液がないと、お互いの傷つけ、気持ちもよくなくなります。

コミュニケーション

コミュニケーションは一番重要なことだと思います。人間は動物から進化しましたので、一人では生きられないです。狼と育てられた狼子供の物語は人間としても成長環境が社会に離れたら、人間の社会に生きられない。狼の子供は一体狼だろいか人だろうか。今の時代は生活のリズムが早くなり、仕事のストレスが高くてお互いの交流が減っています。今の時代では彼女を探すのは難しくて面倒くさいし。もし、ラブドールは人と交流することができたら、孤独を取り消すことができます。気分もよくなってストレスも解消できます。一石何鳥だんろうね。これからの数十年で開発できるかまだわからないです。

ブランド正規代理店

信頼ある有名ブランドの正規品ラブドールのみを販売しています